肌がヒリヒリして痛い!カミソリ負けをしないようにするための4つの対処法

ムダ毛をカミソリで剃って自己処理しているとカミソリ負けをして肌が炎症を起こしてしまう事もあるでしょう。カミソリ負けによって肌の炎症が酷くなると湿疹が出来てしまい肌トラブルにも繋がってしまいます。ヒリヒリとした痛みも感じてしまうようになるので日常生活の中で支障が出てしまう事も少なくありません。そこでカミソリ負けをしないようにするための対処法をいくつか挙げていく事にしましょう。

 

自己処理をする前に濡らしておく

 

カミソリで剃る時に肌が水分不足になっていて乾燥気味の状態だと刃の滑りが悪くなってしまうので強い刺激を与えてしまいます。それで肌の表面を傷つけてしまうのでカミソリ負けが起こってしまうので自己処理をする前に濡らしておくて刃の滑りも良くなるので刺激を与えてしまうのを軽減する事が出来ます。水で濡らしてしまうと肌が冷たくなってしまうのでなるべくお湯で濡らして肌が温まっている状態で自己処理をするようにしましょう。

 

自己処理をする前にシェービングクリームを塗る

 

髭を剃る時などにシェービングクリームを塗りますが、ムダ毛を自己処理する前に塗るとカミソリ負けを防ぐ事が出来ます。シェービングクリームを塗った後にカミソリで剃ると刃が肌に接触する時の負担を軽減していく事が出来ます。それで強い刺激を与えるのを防いでくれるので自己処理をした後に肌が炎症を起こしてしまう事もなくなります。しかしシェービングクリームが自分の肌に合わないという可能性もあるので配合されている成分をしっかり確認して選ぶようにしましょう。

 

電気シェーバーを使用してムダ毛を処理する

 

カミソリで剃ってムダ毛を処理すると刃が肌に接触するので強い刺激を与えてカミソリ負けをしてしまう事が多いです。カミソリ負けを防ぐには刃が肌に接触しないようにする事も大切になってきます。自己処理をする時はカミソリを使用するのを控えて電気シェーバーを使用すると効果的です。電気シェーバーは刃をカバーしてあるので肌に接触する事もなく負担をかけないで自己処理をする事が出来ます。カミソリで剃っていてカミソリ負けをする事が多い人は電気シェーバーを使用するようにしてみましょう。

 

脱毛サロンで施術を受けて脱毛する

 

カミソリで剃っていると何度も自己処理をしなければいけないので面倒な部分もあります。カミソリ負けをしてしまう可能性も高くなるので防いでいくには脱毛してしまうのも一つの手です。脱毛してしまえばムダ毛が再び生えてくる事もなくなるのでカミソリで剃る必要もなくなります。もちろんカミソリ負けをする事もなくなるので脱毛サロンで施術を受ける事も検討してみましょう。

 

いかかでしたでしょうか。カミソリ負けをしていると肌の状態も悪くなってしまうので肌老化が進行するスピードも早くなる事もあります。年齢より老けて見られてしまう事も多くなるのでカミソリ負けをしないように対策していきましょう。日常生活の中でこのような方法を取り入れて綺麗な肌を保ち続けられるようにしていきましょう。